MENU

車でスキー場に行くときの準備や持っていくべきもの4選!

車でスキー場に初めて行くという人は、こんな不安や悩みを抱えてないでしょうか。

  • 初めて車でスキーにいくけど…
  • 慣れない土地で不安…
  • 安全に行き帰り出来るか心配…

など、スキー場という普段から慣れていない土地に行ったり、車を運転するのは心配がつきものです。

今回は初めてスキー場に車で行く人に向けて困らないように、持って行っても損はない必要があるお勧めのグッズを紹介します。

目次

車でスキー場に行くには冬季の準備が必要

まず冬場の寒いスキー場に初めて行くにあたり必要なお勧めグッズを紹介する前に、なぜ車以外に必要な準備があるのでしょうか。それは、スキー場の多くは山の標高が高い場所にあることが多く、冬場は雪が頻繁に降る場所でもありますので、車でスキー場に向かう為には冬の山道で安全に運転できるものが必要になるからです。

また、スキーを楽しんでいる間にも雪が降って、駐車場から車を出せれないということも起こる可能性がありますので、冬の一般道を走るよりも万全な用意が必要となります。

ですが、初めての場合、持っていく必要があるものも分からないと思いますので私の実体験も含めて紹介します。

準備しておくべき物①:スタッドレスタイヤ・タイヤチェーン

まずは車でスキー場に行くにあたり、ノーマルタイヤは無謀です。スキー場に向かう途中は道路に雪が積もってないかもしれませんが、スキー場周辺の気温はとても低く路面が凍結していることも多々あり、雪が降り積もった場合は車が通行する度に、雪が固くなり滑りやすくなります。

最低限スタッドレスタイヤに交換し、スキー場に向かうとともに万が一の事態に備えてタイヤチェーンも常備しておけば完璧です。途中で何が起こるか分かりませんし、滑って楽しんでいるときに豪雪となり帰れなくなる可能性もありますので雪道の備えはしっかりとすることをお勧めします。

持っていくべき物②:大型スコップ

持っていくべき物としてまずは「大型スコップ」を紹介します。冬場の雪が多く降る場所に向かいますので、スキー場に向かう途中に急な豪雪によるチェーン取り付けで雪掻きが必要になる場合があります。

またスキーを楽しんでいる間に車の周囲に雪が積もってしまい、帰ろうと思っても車が思うように出せず雪掻きが必要なシーンに遭遇する可能性もあります。

そんなときに効率的に雪掻きが出来るように大型のスコップを持っていくことをお勧めします。

持っていくべき物③:解氷材

続いては解氷材を持っていくことをお勧めします。寒いスキー場ですので、スキーやスノーボードを楽しんだ後に帰ろうと思っても、フロントガラスが凍結して前が見えないことがあります。車のエアコンを利用してフロントガラスの凍結をとるのも良いですが時間がかかります。

また非常に寒く氷点下の気温ではすぐに凍結が始まって走行していれば危険でもあります。そのためも解氷材は車の中に置いておいて効率的に凍結をとり安全に運転をできる環境を整えることをお勧めします。

特に私の場合は日曜で翌日仕事がある場合に、少しでも早く家に帰れるようにガラスが凍結している場合は解氷材を使用してすぐに視界が確保できるようにしています。

持っていくべき物④:スノーブーツや長靴

スノーブーツや長靴も車でスキー場に行く際には持って行って間違いありません。スキー場周辺は雪が何cmも積もっています。向かっている途中でチェーンを付けるという場面も多々あり、その時にスノーブーツや長靴が活躍します。

スノーボードのブーツでも問題はありませんが動きにくく、チェーンを取り付けたり外したりする際は動きづらく適していません。その点スノーブーツや長靴であれば雪が靴の中に入るのを防ぐことができ、快適に雪道も歩けます。

個人的には長靴では寒いのでスノーブーツを着用することをお勧めします。ちょっと値段がかかりましたがノースフェイスのブーツを購入し活用しており、スキー場に行く時はもちろんですが街中でもファッション性があるので日常的にも着用しています。

まとめ

今回は初めてスキー場に車で行く人に向けて、持って行っても損はない必要があるお勧めのグッズについて紹介しました。そのグッズを振り返ると以下の通りです。

  • スタッドレスタイヤ・チェーン
  • 大型スコップ
  • 解氷材
  • スノーブーツや長靴

普段慣れない場所への車移動ですので万全な用意をしておくことに間違いはありません。今回は車で行く場合として紹介はしましたが、お住まいの地域が年に数回でも雪が積もるようであれば、どれもご自宅でも活用できる物です。

もしどれも持っていないようであれば、いざという時の自宅での活用も含めて一式準備しておくことをお勧めします。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次